幸せのヒント

自分を信じなくていいし、疑わなくていい。ただ実験すればいい。

先日、「双亡亭、壊すべし」というマンガを読んでいたら、おもしろいシーンを見つけました。

主人公のタコハくんは、売れない絵描きです。
色々あって、怪物がたくさん住んでる双亡亭というお屋敷をぶっつぶすために集まった超能力者達と一緒に行動しています。

しかし話が進んでいくうちに、怪物達を地球にこさせなくするための方法は、
「怪物らが地球にくるためのゲートとして使っている絵」を
他の絵描きが、上から塗りつぶす必要があるということがわかりました。

今、それができる人は(つまり絵描き経験がある者)は、現場にはタコハくんしかいません。
だから、タコハくんにそれをやってもらおうという話になりました。

でもここでタコハくん、ネガティブが炸裂します。

「おれなんかが画家と呼べるほどの人間なわけがない」
「自分は絵本作家になりたくて色んな出版社に持ち込みしてるけど、毎回絵をつきかえされている」
「そんな俺が絵を上からぬりつぶしたって、何も起こらないに決まってる」

他の仲間がこういいます。
「でも僕はタコハさんの絵、大好きだよ!」

それでもタコハくんは
「ありがとうよ、、、でも、、、」

そしたら、科学者キャラのアウグストさんがしびれを切らしてこう言いました。


 
お金持ちキャラのマーグさんもそれに同意します。

これはマンガの話でしたが、現実世界でもタコハくんのような人がたくさんいます。
行動する前からうじうじと「自信がない…」「自分なんかにできるわけがない…」と悩む人達のことです。

そういう人は、このアウグストさんのように、「実験してみればいい」という風に捉え直してみると良いかもしれません😊

出典不明なのですが、その昔どこかの誰かの名言で
「信じるな、疑うな、確かめろ」
というのがありました。
これは「自分なんて信じなくていいし、また疑わなくてもいい。ただ実験すればいい」という意味です。

僕はこの言葉がすごく好きです。
だから迷ったときは、自分を信じて行動するのでもなければ、自分を疑ってやめるのでもなく、ただただ「ひとまずの実験」と思って、とりあえず行動してみることを心がけています🐻✨

そうすれば結果が出る。
結果がでれば、上手くいけば嬉しいし、うまくいかなかったとしてもその事例から「次は何を改良すればうまくいくか」を考えることができます。
それを積み重ねていけば、どんどん良い結果を得られるでしょう。

しかし、うじうじしてばかりで行動を先伸ばしていれば、結果に出会うことができません。
すると「失敗して傷つく可能性」を回避することはできますが、それだけです。
結果にきちんと出会いにいかなければ、永遠に成功はつかめないのです。