心のヒント

怒りを抑えられないのではなく、自分が変わると決意していないだけ。

「怒りが抑えられない」は嘘だ。

多くの人は「感情は自分では制御できないこと」だと思っています。
だから、「子供に優しくしたほうがいいとわかっちゃいるけどつい怒鳴ってしまう」とか、「部下を優しく伸ばしてあげたいと思いつつもついつい叱責してしまう」などと言います。

でもそれ、ただの言い訳なんですよ。

「子供についつい怒ってしまう」というお母さんでも、そのときに学校の先生から電話がくるところっと態度を変えて、怒っている自分ではなく「人様と話すときの自分」できちんと先生との会話を実現するはずです。
「部下を叱ってしまう」という人も、もしその部下がめちゃくちゃ筋肉ムキムキで物理的に強そうだった場合は、そこまで過度なダメ出しはしないはずです。

人間は、自分でも気づいていないだけで、自分で自分の感情を、状況に応じてきちんと使い分けています。

子供を怒ってしまうのは、子供があなたに抵抗できない弱者で、あなたが傍若無人に振る舞ってもとくに実害が発生しないからです。
相手がよその他人のときは、傍若無人にふるまったらあなたの世間体が悪くなることが容易に想像がつくので、そのときあなたはきちんと態度を変えています。

部下を叱ってしまうのも、部下があなたに抵抗できない弱者だからです。
部下が明らかに武力を保有しているときは、あなたはきちんと態度を変えています。

だから、あなたの感情は、いつでもあなたの意志が決めているのです。

怒りを制御したいなら、心の底からそうする必要性を感じ、また決意しよう。

その昔、ある女性と付き合っていたとき、僕はしょっちゅう怒っていました。
でもある日、「このままじゃよくないな」と思いました。

だからある日、彼女にこう宣言しました。
「おれ、もう怒るのやめるわ」
「もう二度と怒らないと約束するわ!」

それ以来、僕は二度と怒らなくなりました。
怒らなくなったといっても、それは決して「怒りが湧いても我慢する」ってことではなくて、「怒りの感情がそもそも発生しない」という状態です。

なぜこれができたか?
それは僕がそうすることの必要性を心の底から実感し、またそうすると決意したからです。

自分を変えたいとき、そのためには二つの要素が必要です。
それが「心の底からそうしたほうがいいと実感すること」と、「決意すること」です。

そもそも僕が彼女に対して怒っていたポイントの多くは、「自己管理がきちんと徹底されていない点」「主体性がなく受動的である点」などでした。
これらは前向きで生産的な人生を生きるためには、確かになにかしら改善を加えたほうがいいことではあります。
でもまぁ少し見方を変えれば、人間なんて誰でも未熟から始まるもので最初からなんでもできるわけではないので、そこをいちいち目くじらを立てて怒っても仕方ないとも言えるんですよね。

また、これまでそうやって怒り続けた結果、彼女が前向きで生産的な人間になったかといわれれば決してそんなことはなくて、むしろ体調を崩したり、メンタルが不調になる日が増えてしまいました。
彼女は少しずつ、「今日は首が痛い」「今日は肩が調子悪い」などということが増えました。

それらを聞いているうちに、
「今のままだと、僕の態度がいつかこの子を潰してしまう」と思いました。

であるならば、あとは「別れる」か「自分が変わるか」のどちらかが必要になります。
しかし彼女にはいいところもたくさんあったので、「別れたい」とは思いませんでした。
だから、「自分が変わろう」と思いました。
こうして僕は、「心の底からそうしたほうがいいと実感すること」を実現しました。

しかし実感だけでは、人は変わりません。
なぜなら人間というのは自分には甘い生き物なので、そう実感したことをすぐ忘れてしまうのです。
だから僕は、「もう二度と怒らないと約束する」と宣言しました。
人は、自分の内面をきちんと言葉にして表現することで、さらなる自意識を確立できるようになります。
そのように宣言すれば、自分がその必要性を心の底から痛感していることをあらためて実感し、「自分はこれからそう生きると決意した」ということを自分の心に刻むことができます。
こうして僕は、「決意」を定めることができました。

決意が定まると、具体的にどのようなアクションをすればいいかなども自然と発想にわいてくるようになります。
宣言をしたのちの僕は、「カッとなりそうになったら、何かを言う前にいったん深呼吸すればいいんだ」と気付きました。
それを意識するようにしたら、もう二度とカッとなることはなくなりました。
でもこれって、気付いてみればごくごく当たり前の結論ですし、解決策としては目新しさもなにもないですよね笑
でも、そんな当たり前のことすら見落としていたんです。
その時の自分は。

以後の僕は、二度と怒らなくなりました。
そういう感情自体がまったくわかなくなりました。
おかげで彼女とは良好な関係を続けられるようになりました。

心の底からそうすべきだと実感し、またそうすると決意して宣言すれば、人は簡単に変わることができます。
変わることができないとすれば、それは自分自身が心の底からそうすべきだと実感していないか、きちんと宣言して約束する勇気を出していないだけなんです。

ちなみにそのときの話はこちらの記事でも書いているので、興味がありそうな人はぜひよんでみてください!


以上、「感情を抑えられないのではなく、自分が変わると決意していないだけ」って話でした!