人間関係のヒント

人に嫌われることが怖いあなたへ

「人に嫌われることが怖い」

そう悩む人は多いでしょう。
でもそれって、すごく無駄な悩みです。

なぜなら

  1. そもそも人間は、生きている限り誰からも嫌われないことは不可能だし
  2. 同時に人間は、誰からも好かれないことも不可能だから

です。

どういうことかは、以下から説明していきます。

人に嫌われることが怖いあなたへ

1:そもそも誰にも嫌われないことは不可能

まず1について説明します。

そもそも人間は、誰にも嫌われないことなど現実的に不可能です。
人はどんな自分を振る舞おうと、必ず誰かに嫌われます。
すべての他人に嫌われないことは、絶対に不可能です。

例えば、嫌われることを恐れて「自分が思ったことを素直に語らない」「いつでも本心を隠す」というコミュニケーションを行う人がいます。
こういう人は、いつでも相手の顔色を伺い、相手に合わせ、本音を出しません。自分が思ったことをひたすらに隠し続けます。
そういうコミュニケーションをとることで、少しでも相手に嫌われないようにと頑張るわけです。

でも考えてみましょう。
そこまでしたところで、「誰にも嫌われない自分」は実現できているのでしょうか?

おそらく、できていないはずです。
そういう自分であり続けたところで、今度は「あいつは何を考えているかよくわからない」「あーゆーやつは信用できない」と言われるだけでしょう。
結局、そうやって自分を隠したところで、嫌われるときは嫌われるんです。

自分のことをバンバンしゃべってようが、嫌われるときは嫌われます。
自分のことを隠して生きてても、嫌われるときは嫌われます。
このように、人は生きている限り、どんな自分であっても嫌われる可能性があるんです。
だから、誰にも嫌われないことは、原理的に不可能なのです。

人間に翼はありません。
その中でどれだけ「空が飛べないことが辛い」と思い悩んでも意味がありません。
だったら「私は空を飛べないんだ」と受け入れてしまい、そのうえでこれからどうするか(諦めるのか、飛行機を作るのか)を考えたほうが生産的です。

それと同じように「誰にも嫌われないことは不可能なこの世界」で、どうすれば人に嫌われないかと思い悩んだって、意味がありません。
だったら「私はいつでも誰かに嫌われている可能性がある」「私はきっと今この瞬間も、この世界の誰かに嫌われている」と受け入れてしまい、そのうえでこれからどうするかを考えたほうが生産的です。

あなたの心が正しいと思うことをしなさい。
どっちにしたって批判されるのだから。

byエレノア・ルーズベルト

2:人間は「誰にも好かれないこと」も不可能

もう一つ、多くの人が見落としていることを教えます。

確かに人間は、誰にも嫌われないことは不可能です。
でも同時に人間は、「誰にも好かれないことも不可能」です。
これって意外と多くの人が見落としがちなのですが、あなたはどんな自分であろうと、必ず誰かに好かれてしまうし、愛されてしまうし、認められてしまうし、必要とされてしまうんですよ。

以前、ある相談者さんと、こんな会話をしたことがあります。

↓↓↓ここから↓↓↓
相談者
人に嫌われるのがどうしても怖いんです…

中川龍
なるほど!
では逆になぜ怖いと思うのですか?
その根拠を考えてみてください😊

相談者
うーん、、、
私は自分に自信がないので、「私みたいなダメな子を必要としてくれる人は世の中に少ないはず」って思ってるのかもしれません。
だから「今私のことを必要としてくれている数少ない人を失ったら、私はこの世界のどこにも居場所がなくなってしまうはず」
「だからなんとかして、この人たちに嫌われないようにふるまわなければ」
って思ってるかもしれません…

中川龍
え?
それはおかしいでしょう!
どんな悪人でも、ブサイクでも、無能者でも、パチンカスでも、その人のどこか良い一面を見てくれる誰かは必ずいるものですよ。
あるいは、「自分と似ている」というだけでも、人は相手に好意を抱くものです。
そういう可能性を視野に入れていけば、
あなたは生きている限り「誰にも好かれないことは不可能」ってことに気付きませんか?
そう、あなたはただ生きているだけで、必ず誰かに好かれてしまうのですよ。
それは避けられないことなんです。

「そんなはずない」と思いますか?
では聞きたい。
あなたは人生で一度でも、完全な孤独になったことがありますか?

おそらくないはずです。
あなたはどんな自分だったとしても、その時々で必ず誰かしらの「一緒にいてくれている人」はいたはずです。

学校でいじめられていたり友達ができなかったとしても、その分ネットで友達ができたはずです。
家で引きこもりをしていた頃でも、匿名掲示板で語らい合うどこかの誰かはいたはずです。
人生ドン底で誰も助けてくれないと思った時でも、傷のなめ合いをしてくれる相手は誰かしらいたはずです。

そういうふうに考えていくと、
「あなたは人生で一度だって孤独になったことはない」と気付きませんか?

相談者
おおおお、、、!
なんだか、すごく今感銘を受けています!
確かに!
そう言われてみると、私はいつも孤独ではなかった、、、
すごくよくわかります!

↑↑↑ここまで↑↑↑

いかがだったでしょうか。
僕が「生きている限り、誰にも好かれないことは不可能」と言った意味が伝わったでしょうか。

そうなんです。
あなたは、あなたが思っているほど孤独ではないのです。
あなたはただ存在しているだけで、必ず誰かから好かれてしまうのです。
それは避けることができない、この世の法則なのです。

ではここまでの話を整理しましょう。

  1. あなたは生きている限り、必ず誰かに嫌われてしまう。
  2. 同時に、あなたは生きている限り、必ず誰かに好かれてしまう。誰かに愛されてしまう。

この二つを総合すると、自然と「嫌われることを恐れるのは意味がない」と思いませんか?

もし誰かに嫌われたら、「あーこの人は私とは合わなかったんだな」というだけの話です。
そんなやつはこっちからポイと捨ててやり、代わりに自分のことを好いてくれる誰かとの関係を大切にすればいい。
あるいは、次に出会う誰かに好かれることを楽しみに生きていればいい。
それだけの話になってきませんか?

今あなたの周囲にも、あなたのことを好きだと考えてくれる誰かがいるはずです。
それは友人かもしれません。
恋人かもしれません。
家族かもしれません。
会社の同僚かもしれません。
SNS上だけで繋がってる友人かもしれません。
どんな相手でもいい。
どんな相手でも、「あなたの近くにいようとしてくれてる人」は絶対にいるはずです。
だったらそういう人たちとの関係を大切にすればいい。
それでいいじゃないですか。

あなたのことを嫌う誰かなんて、あなたにとって必要のない存在なのです。
そんなやつらのために1秒でも時間を使うなんて、とてももったいないことです。

このように冷静に事実を整理していけば、自然と「誰かに嫌われることを恐れることは無意味だ」という結論に至るはずです。
「人に嫌われることが怖い」と感じている人は、考えてみてくださいー!